作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

遊山組曲〜飛ぶ鳥は山を越え〜【YouTube/楽譜ショップ】

作曲年月・実施年月 2018.7
タイトル 遊山組曲〜飛ぶ鳥は山を越え〜【YouTube/楽譜ショップ】
演奏時間・曲数・回数など 約12分、全8曲。
ジャンルなど 邦楽室内楽(語り、尺八、箏。語り無しでの演奏も可能)
楽器編成など 語り、尺八、箏(語り無しでも演奏可能)
委嘱団体や初演者(敬称略) 飛山真利子(語り)、阪口夕山(尺八)、宮越圭子(二十絃)/
阪口夕山の小さな尺八コンサート 其の40 〜きままな挑戦 全10曲 Vol.4〜
内容など 「1. 春a ワクワクと」「2. 春b チュンチュンと」・・・の様に、春夏秋冬のそれぞれの季節が2曲ずつ、合計8曲からなる組曲です。それらを演奏しながら、詩/俳句などを語るのですが、どんな言葉をセレクトするかは語り手の自由。曲順を変更したり、カットや繰り返しを施しても構いません
なお、語り無しで尺八と箏の二重奏曲として演奏することも可能です。

初演では、みすずや藤村に交じって、地元の詩人・田中文子の作品や、語り手の友人・中村江理の詩、また即興の言葉がセレクトされました。
飛山さんの熱いパフォーマンスに、阪口さんの絶品の音色、全てを包み込む様な宮越先生の箏、そしてお客さまの歌声まで加わり(7曲目)、最高の初演となりました!

その初演も模様を収録したYouTube動画の再生数も、お陰さまで好調です。
・・・そこでご要望にお応えし、2020年6月に<尺八(D管のみ)と箏(十三絃)>のために改変したバージョンも作成、楽譜ショップで発売となりました。
取り上げやすい作品となりましたので、ぜひみなさんチェックしてみてください。
 ・『遊山組曲』・・・尺八(複数の管)、箏(二十絃を推奨)
 ・『遊山組曲 Part 2』・・・尺八(D管)、箏(十三絃)