作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

『和の調べ』生んで育てた 若き血が!(和歌の国より)

2021.08.03

PCR検査を受けた後、週末は出張に出掛けました。そして、作編曲した合奏曲の熱い熱い初演に立ち会いました!!

様々なサポートに若い奏者達が感謝する中で…、
同行の楽器屋さんが大学の同級生と判明(=法学部政治学科。邦楽部ではない…笑)したり。

さて、それでは一句?!…
   『和の調べ』 生んで育てた 若き血が 打てば響かす みやこの未来! (和歌の国より)
おあとがよろしいようで(😊)

太田マエストロ&九響さん、充実の福岡9時間滞在!

2021.07.13

12日(月)は九州交響楽団さんのリハーサルで、福岡へ日帰り出張に行って来ました!

仙フィルさんでもずいぶん評判の良かった太田弦マエストロが、様々な曲目で、素晴らしい九響サウンドを引きだしてました。
私の編曲7曲も、首尾良く「巻き」で録音完了・・・みなさんサスガです!

そして素敵な出会いもたくさん。
オケ事務局の方々はもちろん、作曲山下さん、打楽器山口くん、コンマスにホールの・・・と、充実の福岡9時間滞在でした!

↑楽譜はコチラをクリック

圧巻の『酒呑童子』&『おしゅうとめさん』を堪能!

2021.07.04

4日はこちら〝田嶋謙一記念歌劇団〟の〝旗揚げ公演〟で渋谷へ!
記念すべき1曲目に拙作『酒呑童子』を演奏していただきました。

Sop山田美保子さんの大変説得力のある圧巻の歌唱/奏者のみなさんの十二分に練られた表現/あっと驚く演出、と懐かしくも新しい世界観に感動しました!
ここだけの話、2楽章の酒呑童子の心情を吐露するアリアは、ウルッときてしまいました(^_^)

そして、第2部の喜歌劇『おしゅうとめさん』がまた、非常に良く出来た作品で、こちらも堪能。
田嶋謙一さん(台本・演出)&池上慎吾さん(作曲)コンビの舞台のツボを心得た作品を、キャストや奏者が熱演・・・素晴らしいエンターテイメントでした!

この公演は当初、昨年3月に開催予定でしたが、延期を重ねることになり・・・、その分、リハーサルを積み重ね、とても練れた表現になっていて感心しました。やっぱり練習って大事ですね!!

↑楽譜はコチラをクリック

リリスホールで充実のキッズコンサート!

2021.06.26

26日(土)は横浜市栄区の、建物も響きも素晴らしいリリスホールへ!
構成・編曲を担当するシリーズの本番で、この演目も数十回目の上演となります。

…もちろん継続は一筋縄ではいかず、毎回の工夫の積み重ねが重要。今回も演出面等の成果が。
出演者には様々な要素が求められるのですが、周到なリハのもと一人一人の個性が光る公演になりました!

コロナ下の中でいらして頂いた、2回公演完売のお客さまに、心より感謝いたしますm(_ _)m


↑楽譜はコチラをクリック

オーケストラスコアが、そのまま96k24bit音源に♪

2021.06.24

梅雨の気候になってきましたが、私はこのところ、フルオケ編曲を多数仕上げるべく、Logic Proというソフトに向かう日々。

…で、Logicが便利なのは、楽譜作成のファイルでクオリティの高い音源がそのまま作れる点。私は様々なソフト音源を組み合わせ、音符にショートカットで「arco/pizz./tremolo/cresc.…」等のサンプル音の指定をしています。

楽譜ソフトのデモ音源とは質が違うので、クライアントやアーティストさんにも好評で、もちろんそのままミュージカル等で大ホールのスピーカーで鳴らしても大丈夫です。

作業の効率化のため、楽器毎のリバーブ等々のエフェクトは、外付けの機材とプラグインソフトを組み合わせています。
で、音質は今まで「48k24bit」というクオリティだったのですが、プラグインソフトの効果を上げるため「96k24bit」にシステム変更・・・非常に気持ち良い音質になりました!

(その際、サンプルレートコンバーターを2台ゲットしたのですが、1台に誤作動が!…電解コンデンサーを交換すれば治りそうなのですが、コツをご存じの方は教えて下さいませ)

↑楽譜はコチラをクリック
1 2 3 4 5 81