作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

朗読劇×オーケストラ『サンドリヨン』が誕生!@調布

2018.07.08

7月6日(金)・7日(土)、調布グリーンホールにて朗読劇×オーケストラの新作『サンドリヨン』全3公演が開催されました!

台本に書いてある話もそうでない話?も、会場を巻き込んで全力で表現する圧巻の声優さん達!
・・・そして、だからこそオケも遠慮することなく、様々な魅力を出しきってくれました、深謝!

今回は、音楽監督・音楽構成を担当させて頂いた上に、編曲はスコアで200ページほどになりましたが・・・、
素晴らしい声優さんとコラボすることで、オーケストラの魅力もお客様に伝わった様で、とても嬉しく思います。

照明・音響・舞台・制作、そしてオケ作りとすばらしい裏方チームと、もちろんお客様にも感謝。
調布グリーンホールの万全のサポートのもと、新しいエンターテイメントがふたたび誕生したのでした!

▲2日目サンドリヨン(=小林裕介さん)/〝ピアノの人〟/マエストロと一緒に。

▲とってもイイ音を出してくれたオーケストラのみなさんと、圧巻の声優チーム(2日目)

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

新作こどもオペラ「ブレーメンの音楽隊」!!@船橋

2018.06.24

23日(土)は船橋市民文化ホールで、新作こどもオペラ『ブレーメンの音楽隊』の2回公演でした(構成・編曲)。

この作品の器楽奏者はFl・Cl・Tp・Vn・Pfの5人ですが、一人一人が楽器のキャラクターを十二分に生かしてのパフォーマンス!
地元でステキなソロを披露した石井さん、物語の要をしっかり表現した長谷川さん、カッコ良くかつ繊細な重井さん、ソロからオケ曲まで素晴らしい表現の堀内さん、抜群の安定感で音楽をまとめた月野さん・・・と、みなさんお見事でした!

歌手はSop・Tenの2人で、アリアからキッズソング、お芝居に手遊びまで大活躍・・・子ども達に音楽のさまざまな魅力を伝えてくれました!!
2人だけでストーリーを展開するので、とっても難しい役のハズなのですが・・・、中畑さんと市川くんは、初演にもかかわらず台本・演出を全て把握していて、豊富な経験を生かしながら、公演を成功に導いてくれました!

こういう機会を作ってくださったホール、お客さま、制作とキャストのすばらしいチームに深謝ですm(_ _)m
まずは静岡・北海道などで再演して頂きます!

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

自然の中で和楽器の合奏講習会@蓼科♪

2018.06.04

6月2日(土)と3日(日)は、NPO邦楽指導者ネットワークのの合奏講習会で蓼科へ行って来ました!

自然に囲まれたすばらしい環境の中、100名近い参加者のみなさんと、とても充実した時間を過ごしました。

ゲストの宮田先生の講義のほか、私も尺八の方への講習・等々を担当。
1年振りの方、初めましての方、などみなさんとの情報交換もでき、とても有意義な2日間になりました(^_^)

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM、ほか)

埼玉アートフェスティバル@大宮ソニックシティ♪

2018.05.07

GWの最終日の5月6日(日・祝日)、大宮ソニックシティで「埼玉アートフェスティバル2018」が開催されました。
2万人ものファミリー等が来場し、ダンスに盆栽に公開録画まで、様々なアートを楽しまれました!

日本音楽集団のワークショップでは、箏や太鼓を元気なキッズ達が体験、5重奏のミニコンサートも聴いてもらいました。
(ミニコンサートの司会も担当しました!)

プログラムは編曲もの等の他『五声のコンチェルティーノ』という現代曲も(第1章のみ)。
子ども達にこういう曲を、信頼するメンバーの演奏で聴いてもらえる日が来るなんて!・・・と感慨深く思ったのでした()

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

『道、春の海より』&和楽器キッズ定期演奏会!

2018.04.24

5/3(木・祝)に福山で初演していただく十三絃箏・協奏曲。
タイトルは『道、春の海より』で、宮城道雄『春の海』をパラフレーズ的に自由に作編曲した作品です。

ソロの 松下 知代 さんは、作品の意図やイメージを十二分に理解して頂いた上に、ご自身の華やかなキャラックターを重ね、とても魅力的な音楽になりそうです。オーケストラは釜山フィルハーモニー交響楽団。

ご興味のある方は、次のURLの「世界の記憶」記念コンサートをぜひチェックしてください。
http://fukuyama-music-fes.jp/schedule.php

また本日4/24(火)から、日本音楽集団第225回定期演奏会<〜和楽器で「音楽と絵本」コンサート>が発売になります。

『パンダ銭湯』『おばけのケーキ屋さん』という、話題の絵本2作品の新作音楽物語に、古典からキッズソングまで楽しめます。
ゲストは、この3月まで「おとうさんといっしょに」ご出演されていた安藤なおこさん。

http://www.triton-arts.net/ja/concert/2018/09/01/2648/

コンサートは9/1(土)第一生命ホールにて、11時から/14時からの2公演。
先行発売も良好で、特に0歳児から入場可能な11時公演は大人気です!ぜひチェックしてみてください(構成/作曲)。

そして6/6(水)第224回定期は、「ボレロ」「くるみ割り人形(和田薫編曲)」に二胡協奏曲ほか。こちらも絶賛発売中です。

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

「3匹のこぶた」も満席のお客さまに♪@小平

2018.02.25

24日(土)は、〝大きなポスト〟でお馴染み?!のルネ小平で、こどもオペラ「3匹のこぶた」を観てきました。

いつもは中ホール規模の公演が多い演目なので・・・大ホールで、どんな感じに?・・・と気になっていたのですが、満席のファミリーが楽しく聴いて下さった様子で、一安心。

「和洋混合アンサンブルに 歌手 + 役者」が出演、と凝った内容なのですが、お客さまとホール/キャスト/スタッフに恵まれたとてもラッキーな演目です。
深謝!(構成/編曲。一部、作詞/作曲)

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

「ヘンゼルとグレーテル・4重奏版」も改訂初演に♪@越谷

2018.02.13

12日(祝日)は越谷へ、こどもオペラ「ヘンゼルとグレーテル」の公演立ち会いに。満席の子どもたちに、たくさん楽しんでもらいました!

この日は(4重奏版の)改訂初演だったのですが、キャスト・演奏者の一人一人が作品を熟知し、さらにさらに魅力あふれる世界に仕上げてくれました!

この日は、倉敷でも同シリーズの「3匹のこぶた」が。出演者・スタッフに恵まれ、本当にラッキーなシリーズです。

関係者とお客さまに感謝しつつ、今後もさらなる良い公演を、全国にお届け致します!(構成・編曲など)

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

三味線トリオ協奏曲「9つの色は友と未来をかけろ!」大熱演!!

2018.01.31

30日(火)、日本音楽集団・定期演奏会が、豊洲シビックホールにて無事終了しました。

今回は「三味線特集」で現代邦楽の名曲が並ぶ中、「三味線トリオコンチェルト・9つの色は友と未来をかけろ!」が初演となりました。

3種の三味線(=長唄/津軽/義太夫)のカラーを生かして、たいへん魅力的に演奏して頂いた簑田/三山/山崎の各氏には、昨年の春から丁寧に作品に取り組んで頂きました。

オケも邦楽器を贅沢に組み合わせ、それに十二分に応えて頂いた、稲田氏ひきいる奏者たちにも感謝。

多数ご来場のお客様には、大きな拍手を頂き本当に感謝・感激です(今回は司会もさせて頂きました)。
これを励みに今後も、邦楽合奏の明るい未来をめざし、創作してまいります!

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

音楽劇『青ひげ考』が面白い!!@プラネタリウム

2017.12.03

2日(土)は音楽劇「青ひげ考」を観劇に、北とぴあ・プラネタリウムホールへ!
デュカスの〝オペラ版〟と岡野馨訳の〝児童劇版〟を、自由自在に?!ミックスしたステージ。

存在感抜群のキャストのみなさんは、オペラ畑と演劇畑からほぼ半々。
それにライブエレクトロニクスまで加わり、朝日山さん(演出)・岡田氏(ドラマツルグ)の練られたアイデアで、非常に面白い空間が誕生しました。

この公演は「ワークインプログレス」といスタイルで、アフタートークも重要。楽しくお話させていただきました!
素敵なチームの意欲作に声をかけて頂き、深謝です()

私は、夜の部のアフタートークのゲストだったのですが・・・、昼の部のゲストは演劇界の大御所・萩原朔美先生。

萩原先生は詩人・萩原朔太郎のお孫さんで、前橋文学館の館長。
私は前橋出身で、朔太郎は高校の大先輩・・・ということで、ご縁を感じます!

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー:

c 歌・合唱・タレントf レクチャー・構成ブログ音楽劇『青ひげ考』が面白い!!@プラネタリウム はコメントを受け付けていません。

中野ZEROで「ヘンゼルとグレーテル」改訂初演・大成功!

2017.09.02

9月2日(土)は、中野ZEROホールで「こどもオペラ・ヘンゼルとグレーテル」の本番でした!

この作品はいつも、Ob/Hn/Vn/Pfの4重奏で伴奏するのですが、今回は久しぶりのPf伴奏版ということもあって、内容を大きく改変。
新曲/新編曲/新体操(?!)などなど盛りだくさんの、改訂初演となりました!

こどもオペラの出演者は毎回、みなさん大変協力的なのですが・・・
今回は、當間さん/池羽さん/市川くん/月野さんという、腕も経験値もバツグンの4人。
「当て書き」した台本・編曲の魅力を、バッチリ引き出してくれました!

改訂後の初ステージだったのにもかかわらず、そのねらいをきちんと表現してくれるのは、キャストや制作陣との共作の経験値/信頼関係があればこそ。
数年間の年月に感謝するばかりです。

おかげでたくさんの子どもたち/ファミリーが、手を叩き、歌声を出し、体を動かしながら、楽しんでくださった様子です。

制作/演出もホールにあわせた臨機応変な対応で隙が無く、今後も各地のキッズを楽しませてくれるでしょう(^_^)

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー:

c 歌・合唱・タレントe キッズプログラムf レクチャー・構成ブログ中野ZEROで「ヘンゼルとグレーテル」改訂初演・大成功! はコメントを受け付けていません。
1 2 3 4 5 6