作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

宅録♪オススメの機材②(特別編)…YouTubeに動画アップ!

2020.05.09

みなさん、こんにちは!
コロナの状況も少しずつ良くなって、明るい兆しが見えていているのかもしれません。あともうです、少し頑張りましょう!

さて、4月28日のブログで「宅録♪オススメの機材①…ヘッドフォン&アンプ編」を書いたところ、予想以上の反響を頂きました!

この時期、Webで音楽レッスンをしたり、自宅で多重録音やテレアンサンブルをしている方にも、少しはお役に立てたのかな?・・・と嬉しく思っております。

と言うことで、その第2弾をお届けしたいと思いますが、今回はなんと動画・・・「宅録♪オススメの機材②(特別編)」です!!

テーマは「USBコンデンサーマイクで お手軽の高音質を♪ 〜Yeti と H2n の聴き比べも!〜」です。
今、話題のUSBコンデンサーマイク、そのメリットとオススメのマイクの音質を、ぜひチェックしてみてください!

なお次回の「宅録♪オススメの機材②」は動画ではなく、ブログの記事の予定です。悪しからず・・・m(_ _)m

PCマイク/ヘッドセット/コンデンサーマイクの比較や、Yeti/H2nの聴き比べも!
福嶋編曲のモーツァルトのピアノ協奏曲や、福嶋作曲『恋物語』の音源も登場♪

↑楽譜はコチラをクリック

誕生日!これからもよろしくお願いいたします。

2020.05.06

私は昨日の5月5日(火)、おかげさまで誕生日を迎えました。

SNSなどで、素敵な楽しいメッセージもたくさんお寄せ頂き、ありがとうございました!
こういった時期ですが、おかげでますます元気が出てきました。

状況が一段落しましたら、ぜひみなさんにお会いしたり、ご一緒に音楽活動をしたりしたいと思っています。
それまでは、今の時間だから出来る事をしっかりやりながら、充電したいと思います!

これからの一年もまた、どうぞよろしくお願い致します。

宅録♪オススメ機材①…ヘッドフォン&アンプ編

2020.04.28

こんにちは。
コロナの先行きはどうなってしまうのでしょうね・・・?みなさん、くれぐれもご自愛をどうぞよろしくお願い致します。
そんな中、在宅で多重録音やテレアンサンブルに励んでいらっしゃる方も多数いらっしゃる様ですね!

・・・と言うことで今回は、私が普段使っている機材から、そんな方にもオススメのものをご紹介したいと思います。
まずは、モニター環境の基本、ヘッドフォンまわりです。

録音のヘッドフォンは、音楽鑑賞の時とは目的が少し違って、なるべく自然な音で聴けるのが基本ですよね。
また、長時間使っても疲れにくいというのも大事なポイントです。ということで私は、次の様な機材を使っています。
(もとの文章は、機材ショップ・サウンドハウスさんのホームページに、レビューとして書いたもの等を、編集しています)

プロの音響の方の意見ではありませんので、そこはご愛敬ということで、ご容赦くださいませm(_ _)m

 

【SONY・MDR-CD900ST/モニター用ヘッドフォン】
私がヘッドフォンを使う作業は、作曲編曲のデモ音源作成や、CDやハイレゾ配信の音源チェックなどが中心です。
そんな時は、取りも合えずも、まずはコレでチェックします。

イヤーパッドが薄く、少々耳が疲れやすいので・・・、
作業が長引く時は、オーディオテクニカの「ATH-SX1」等々で作業を進めています。
さらに何種類かのモニター用スピーカーでも、並行してチェックします。
・・・ですが、最終的なチェックは、やっぱりコレ。

ソースの音を何の色づけもなくシビアに確認できますし、他の音楽家やエンジニアの方もコレを基準にしている方がとても多いので、共通の環境で音質チェックできるのでとても便利です(どこのスタジオにも置いてある・・・)。

▲SONY・左)MDR-1AM2 BQ / 右)MDR-CD900ST
ヘッドフォン掛けは<K&M・49302>で、これが意外と便利
後ろのスピーカーの<ADAM・A3X+Sub8>はとてもクリアー、<B&W・PM1>は鑑賞用に

【SONY・MDR-1AM2 BQ/モニター用ヘッドフォン】
ハイレゾ音源の鑑賞用途に加え、ハイレゾ音源をマスタリングする際のチェック用に購入しました。
癖の無いフラットな音質で音楽がクリアーに聞こえる上に、イヤーパッドが厚くて着け心地もとても良好です!

バランス接続にも対応できるので、それを利用して低ノイズでの鑑賞も出来て便利ですね。
(もっとも、バランス接続でなくても、ノイズはとても少ないです)

同じくSONYのMDR-CD900STも持っているのですが・・・、
比較するとこちらの方が、少し「空気感」が伝わってくる様に感じます。
これは、30KHz以上の高音域がきちんと出ているということなのか・・・、
それとも少し高音域を強調してチューニングしてあるということなのか・・・、
その両方かもしれません。

 

【audio technica・ATH-SX1a/モニター用ヘッドフォン】
これも長年使っています(正確には、古い型番のATH-SX1の方)が、とてもナチュラルです。
SonyのMDR-CD900STと音質の傾向は似ているのですが、こちらはイヤーパッドが厚いので、ずっとつけていても疲れません。

非常に大ざっぱに言ってしまえば、ソニーやオーディオ・テクニカのヘッドフォンやマイクは、ナチュラルな音質のものが多く、録音には使いやすいです。

また、こういったヘッドフォンは、数年使うとイヤーパッドがダメになってくるのですが・・・替えのイヤーパッドも売っています!
ATH-SX1a用は<HP-SX1a>。これも何度、購入したことか(笑)

▲audio technica・左)AT-HA21 / 右)ATH-SX1
後ろにボンヤリ見えるのは調音パネル<YAMAHA・ACP-2 WH>、非常に効果的で3枚使用!

【audio techinica・AT-HA21/ヘッドフォンアンプ】
写真・左の機材は、ヘッドフォンアンプというものですが・・・、なくても困らないのですが、あるとヘッドフォンの音質が良くなります。
ヘッドフォンの性能/ポテンシャルを余すところ無く引き出してくれる・・・と言いましょうか。

私は、音源作成に使用しているミキサー(=O1V)の、ヘッドフォン出力端子の調子が悪くなった時に、コレを購入。
ミキサーのステレオ出力を、「2TR OUT端子」からRCAケーブルでコレにつないで使っていますが、非常に良好です。
(このつなぎ方の場合、「2TR OUT」が-10dbの仕様なので、その結果、音量が小さくなるので、ヴォリュームを上げています)

まずヴォリュームを最大にしても、ノイズがまったく聞こえないほど、S/N比が良い事に驚きました。
音質はオーディオテクニカなので、フラットで非常にクリアー。ミキシングにも向いています。

そして、同時に2つのヘッドフォンを挿せるのが、意外にも便利!
(どちらも同じ出力です。例えば、<6.3mmの出力端子の音>と、<3.5mmの出力端子に、変換プラグを挿して、6.3mmの標準フォーンジャックをつないだ音>は、全く同じです)

私は、SONYのMDR-CD900STと、MDR-1AM2を両方挿しっぱなしにしていて・・・、
着け心地の良い1AM2で主に作業をし、シビアにチェックしたい時はCD900STをサッと着けて、と気軽に使い分けられます!
(このヘッドフォンアンプは、電源を入れて5分から10分ほどで音量・音質が安定する様です)

 

次回はまた別の機材をオススメしますので、お楽しみに!

↑楽譜はコチラ、動画は→コチラ



邦楽合奏曲『恋物語』スコア、ダウンロード販売が開始!

2020.04.21

みなさんコロナの対応で、ご自宅にいる時間が一段と長くなってしまいましたね。
そんな中、YouTubeを見たり、CDほかの音源をダウンロードやストリーミングで聴いたりすることも多くなりましたね。

そのお陰というのも変なのですが、そういった形で、私の作品もお聴きいただくことが少し増えてきた様です。
ありがたい限りです。

例えば、邦楽合奏曲の『恋物語』の初演画像は、次のURLなのですが、こちらは何と1000回以上の再生となりました!
こういった作品としては、なかなか健闘している部類に入るのではないでしょうか?

調布三曲協会さんのみずみずしい初演の動画です!

この作品は、大日本家庭音楽会から縦譜を出版していただいていることもあり・・・、 → こちら
お陰さまで2012年4月の初演以来、各地で演奏していただいています。

そういった都度、フルスコアのご購入希望をいただいたりしていたのですが、この度、Fukurai Musicから5線譜フルスコアのダウンロード販売を開始することになりました。

こちらからご購入できますので、どうぞチェックしてみてください! →こちら

クリックをどうぞ!(楽譜のサンプルもご覧になれます)


『やさしい3つの歌』ダウンロード販売開始&デモ音源!

2020.04.18

みなさんコロナの対応で、自宅にいらっしゃる時間がますます増えてきたのではないでしょうか?
なかなか物事が前に進まず・・・、今はガマンと啓発の時間かもしれません。もちろん、体調管理もお忘れなく!

さてそんな中、本日18日(土)より、私が編曲しました『やさしい3つの歌』のダウンロード販売がスタートしました。

尺八の2重奏、または、十三絃箏の2重奏で演奏できるのですが・・・、
例えば<尺八1+箏2>といった組み合わせでの演奏も可能です。

楽譜は5線譜だけでなく縦譜も、それも「5線譜(糸番号付き)+都山譜+琴古譜+生田譜」の4種セットとなっております!
(もしみなさんが便利に使えそうでしたら、シリーズ化も検討中。ホームページ等にご意見をいただけますと嬉しいです)

その第1弾は、『浜千鳥』『埴生の宿』『雨降りお月』の3曲メドレー。
3曲通しての演奏も可能ですが、単独での演奏も可能です。 楽譜は → こちらから

パソコンによるデモ音源はこちらです(尺八2重奏によるバージョン)。↓

 
第1パートはメロディー中
心で、メリも少なく(押しも無く)て、簡単に演奏できます。
そのぶん、第2パートが対位法的/和声的に少し凝っていて、響きに厚みを出し、音楽に変化を付けます。

気軽に取り組めると思いますので、コンサートはもちろん、テレアンサンブルの素材や、お稽古のエチュードとしてもお薦めです!

こういった曲は例えば、学校やさまざまな施設での演奏とか、海外公演などでも喜ばれます。
またこの楽譜が1冊あれば、フレキシブルな編成で演奏できます。

しばらくの間、ワンコイン価格で販売させていただきます。この機会にぜひ、お楽しみください。

クリックをどうぞ!(楽譜のサンプルもご覧になれます)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 73