作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

歌と箏とお囃子のための〝寧楽(なら)の秋〟

作曲年月・実施年月 2018.9
タイトル 歌と箏とお囃子のための〝寧楽(なら)の秋〟
演奏時間・曲数・回数など 約10分、4章。
ジャンルなど 邦楽室内楽(歌、箏、お囃子)
楽器編成など 歌、箏、お囃子
委嘱団体や初演者(敬称略) 秋山恵美子(歌)、深海さとみ(箏)、望月晴美(お囃子)/高原桐(作詞)、日本歌曲協会
内容など 詩は千年の都・奈良での物語を格調高い言葉でつむぎ、1番から4番で構成されています。その一つ一つの世界を、歌手/十三絃箏奏者/邦楽打楽器奏者の3人の音楽家ならではの音で描いたのがこの作品。各界を代表する音楽家をイメージし、言わば究極の〝当て書き〟といった感じで、創作しました。