作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

連作「己—ki—」より、第3楽章〝奇〟【CD】

作曲年月・実施年月 2019.4
タイトル 連作「己—ki—」より、第3楽章〝奇〟【CD】
演奏時間・曲数・回数など 約10分
ジャンルなど 邦楽室内楽(5〜8重奏)
楽器編成など 笛・尺八・笙・三味線・琵琶・二十絃箏・十七絃箏・打楽器(ただし、笛・笙・琵琶はオプション扱い)
委嘱団体や初演者(敬称略) 日本音楽集団/指揮・稲田康
内容など 日本音楽集団創立55周年記念の委嘱作品で、在籍中の作曲家4人による共作。第1楽章〝起〟は高橋久美子、第2楽章〝輝〟は相澤洋正、第4楽章〝希〟は秋岸寛久がそれぞれ作曲。 この作品はミニマルミュージック的な手法により作曲され、冒頭の箏の伴奏音型と三味線によるメロディーが、少しずつ変形しながら硬軟自在に展開する。笛・笙・琵琶がオプションパートなので、最少5人でも演奏可能。同年9月の記念定期演奏会で初演、日本音楽集団創立55周年記念CD-Box「己-ki-」にも収録、稲田康氏の丁寧かつ熱い音楽を聴くことが出来る。