作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

声と和楽器による音楽物語〝酒呑童子〟

作曲年月・実施年月 2019.3
タイトル 声と和楽器による音楽物語〝酒呑童子〟
演奏時間・曲数・回数など 約12分ー18分、3楽章
ジャンルなど 邦楽室内楽(歌・三味線・尺八・十七絃・打楽器)
楽器編成など 歌・三味線・尺八・十七絃・打楽器’(ただし、打楽器はオプション扱い)
委嘱団体や初演者(敬称略) 日本歌曲協会/後藤桂(ソプラノ)、山崎千鶴子(三味線弾き歌い)、田嶋謙一(尺八吹き芝居)、合田真貴子(十七絃)、多田恵子(打ち物)
内容など 声と三味線のための協奏曲「酒呑童子」を大幅に改変。編成を小さくしただけでなく、各キャストのアドリブやお芝居的な要素も拡大しました。カット箇所の指定もあり、12分から18分ほどの幅で演奏できます。初演は、キャストのみなさんがそれぞれの個性を発揮し、楽しくも密度の濃い内容になりました!