作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

注目!のシティ・フィル&できる♪作編曲家のみなさん

2012.12.02

この秋 私は、東京シティ・フィルさんのお仕事を 幾つかお手伝いしました。

最近のシティさんは、とても上手な新しいメンバーが何人か入団し、オーケストラ全体に すごく勢いがある感じがします!

♪ # ♭

9月と11月には、文化庁主催公演のオーケストラ編曲を 14曲 書かせて頂きました。

大御所・矢崎彦太郎先生の指揮のもと、オーケストラがとても熱くて&厚いサウンドの音楽を演奏していて、ビックリしました。色彩豊かなフランスものはもちろん、ワーグナーなども素晴らしかったです!

11月の公演は編曲する曲数が多かったので、知り合いの作編曲家のみなさんに 編曲を分担してもらいました。

萩森英明さん(左)と野田学さん(右)。お二人ともとても優秀で、良い仕事をしてくれました!

♪ # ♭

11月12日(月曜)には、ティアラこうとう でオリンピック招致イベントが開催され、東京シティ・フィルさんのアンサンブルが出演しました。(バックステージで、増田 明美 さんとすれ違いました・・・オーラがありました!)

「金管5重奏+ピアノ+弦楽4重奏」というちょっと変わった編成なのですが、オリンピックにちなんだ新編曲2曲と、以前 編曲した『くるみ割り人形』から3曲を、演奏していただきました。

この手の編成は ともすれば まとまりの悪い音楽になりがちです。ですがそこは シティさんのメンバー! みなさん、アンサンブルを熟知していて、とても音楽的な仕上がりとなりました♪・・・サスガです(^_^)

11月28日は〝半影月食〟なる天体ショーが観測された(のですが、よく理解してません)。

ともかく・・・、月の模様がとってもキレイでした!

・・・ で、お や す み な さ い ・・・

(TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(Model A005) ほか)

カテゴリー:

a オーケストラb アンサンブルブログ注目!のシティ・フィル&できる♪作編曲家のみなさん はコメントを受け付けていません

ステキな広響サウンド、笑いと涙の?!司会@福山、さすがゴージャス札響♪

2012.11.04

みなさん、こんにちは! 日によってはだいぶ寒くなり、風邪をひいていらっしゃる方も多い様ですね。 くれぐれもご自愛の程、よろしくお願いします。

私はと言えば、10月末から11月頭にかけて仕事で各地を訪れました。けっこう忙しい行程だったので、写真もあまり撮れませんでしたが・・・ご報告いたします!

(このほか、矢崎 彦太郎 先生の東京シティフィルさんのリハーサルもあり、マエストロが素晴らしい音を引き出していました。拙作編曲5曲も無事終了♪)

♪ # ♭

【ステキな広響サウンド】

10月22日は 広島交響楽団さんのリハーサルに立ち会うために、広島まで 日帰りで行って来ましました。

名曲中心のプログラムで、鈴木 織衛 さんの指揮のもと オーケストラの音がどんどん良くなっていきました。先生のリハーサルを見ていていつも感心するのは、指揮にムダな動きが全くなく、指示が本当に的確なこと。それでいて出てくる音楽は とても豊かで艶っぽいのです。その上、オペラにも造詣が深く・・・と、サスガです!!

拙作アレンジ8曲も、カッコ良く仕上げていただきました♪

往路の新幹線から、富士山がとてもキレイに見えました

♪ # ♭

【笑いと涙の?!司会@福山】

10月31日はやはり新幹線で福山へ移動、翌日の 広島県立 神辺旭高等学校 芸術鑑賞会の司会をするためです。出演者は、いつも大変お世話になっている、仙台フィル・メンバーによる9重奏団の〝シャンブル・ディス〟。

この日はリハーサルの後、メンバーのみなさんと食事に行き、瀬戸内海ならではの美味しい料理に舌鼓を打ちました。

〝日本海 庄や〟ならぬ〝瀬戸内海 庄や〟・・・美味しかったデス

翌11月1日は、福山市内のリーデンローズ 大ホールでコンサート。とっても音響の良いホールです。

前半の聴きどころは、宮崎さんのソロによるメンデルスゾーン『ヴァイオリン協奏曲ー第1楽章ー』。たいへん表現力豊かな演奏で、学生さんたちもすごく集中して聴いていました。バックのオケとのやり取りも、繊細かつとても温かい雰囲気で、非常に音楽的に仕上がっていました。

後半は メンバーへのインタビューも織り交ぜながら 楽しく進行、みなさん話上手で マジメな話も笑いを誘います(^_^)。 演奏も『ジュピター』『白鳥の湖』など カッコいい音楽となりました。大震災の体験談・復興支援コンサート(=被災各地で多数開催)の話のあと演奏された『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』では、会場の中に涙を流す人の姿も・・・。

音楽的にも、気持ちの上でも、とても充実したコンサートとなりました。拙作5曲の編曲も無事終了。

ホテルから見えた、美しい福山城

公演後は仙台空港を経由して札幌へ。これは広島・仙台間の飛行機・・・ちっちゃくて揺れました(;_;)

♪ # ♭

【さすがゴージャス札響♪】

翌11月2日は 札幌芸術の森のアートホールにて、札幌交響楽団さんのリハーサルに立ち会いました。

尾高 忠明 先生の指揮で丁寧なリハーサルが行われ、各パート間のアンサンブルが どんどん磨かれてゆきました。『田園』も繊細かつ とてもみずみずしい音楽となりました。私はアニメーション映画からの名曲6曲を、メドレーに編んだのですが、これも時間をたっぷりとって 丁寧に仕上げて頂き、大感謝でした!

練習会場は自然に囲まれた中にあり、そのせいもあるのか、札響さんの音楽は雄大でゴージャスな感じがします!!

〝札幌芸術の森〟は文字通り自然の森の中にあり、紅葉がとっても美しかったです

森の中にたたずむアートホール

(AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II ほか)

カテゴリー:

a オーケストラb アンサンブルf レクチャー・構成ブログステキな広響サウンド、笑いと涙の?!司会@福山、さすがゴージャス札響♪ はコメントを受け付けていません

上毛新聞の記事『音楽を磨き上げるプロ』を執筆♪

2012.08.29

まだまだ残暑が厳しいですが、みなさん お元気ですか? 私は8月後半に 夏風邪をひいてしまい、体調が戻るまで 時間がかかってしまいました〜。

この夏は NHK交響楽団、庄野真代 さんと児童合唱とオーケストラの公演、つのだりょうこ さんと 杉田あきひろ さんと東京シティフィルの公演、オーケストラアンサンブル金沢、京都フィル、などでたくさんの編曲作品を演奏してていただきました。 詳細は、後日あらためて ご報告できる・・・と思います。

♪ # ♭

さて先日(8月25日)、群馬県の上毛新聞の朝刊に、福嶋が執筆した記事が 掲載されました。「視点、オピニオン21」というコーナーで、『音楽を磨き上げるプロ 〜優れた技術と信頼関係〜』というタイトルです。

内容は、7月下旬に行われた東京トランペットカルテット(=TTQ)のレコーディングの模様をまとめたもの。

TTQは、群馬交響楽団の森重さん、東京フィルの杉山さんと辻本さん、東京シティフィルの上田さんという、日本のオーケストラで活躍するトランペット奏者4人で構成されるグループです。

今回のレコーディングは、バロック音楽 に 現代音楽、アンダーソン に ビートルズ、それから『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』まで、とっても濃い内容・・・・・・で、詳細はぜひ記事をご覧ください!

記事はこちらデス → 上毛新聞のホームページ

カテゴリー:

b アンサンブルi TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞の記事『音楽を磨き上げるプロ』を執筆♪ はコメントを受け付けていません

充実の弦カル・ワークショップ、続行中!

2012.07.14

みなさん、こんにちは! ずいぶんと暑くなり、各地で豪雨の被害も出ています。くれぐれもご自愛をよろしくお願いします。

さて私は、7月の上旬から中旬にかけて、仙台フィルハーモニー管弦楽団 の 弦楽四重奏のみなさんと、福島県・栃木県・埼玉県などをワークショップで回っています。とっても充実した内容ですので、写真をアップしてご報告!(司会・構成・編曲を担当)

♪ # ♭

ワークショップの会場は、小学校・中学校の体育館。子どもたちは、こ〜んなに間近で、生の迫力を満喫!

そして、『アメリカ』等々の名曲を聴いたり、歌や楽器で共演したり、さまざまな〝実験〟に参加したりするのです。

ヴァイオリンの宮崎さんと山本さん。演奏中はみなさん、ノリノリ♪

ヴィオラの長谷川さんとチェロの石井さん。演奏が終わるやいなや、いつも人気者に早変わりの4人衆?!

アレレ、みなさんナニ吹いてるの? こういった小道具も準備して、さまざまな〝実験〟もするのです♪

時には空き時間に、少人数の子どもたちのために、スペシャル・コンサートを開く事も!

♪ # ♭

ご当地グルメも旅の楽しみ、喜多方ラーメンも旨かった!! 時にはみんなでお酒を飲みながら、熱い音楽談義も・・・。

「明日の〝プリンク・プランク・・・〟は会場に散らばって演奏して、アンサンブルの〝極意〟を体感してもらおう!」等々!?

移動中、事務局Tさんと食べた十割ソバも美味しかった! Tさん、明るいキャラの中にオケへの情熱がたっぷり感じられマス〜

大宮と郡山の間は何度か新幹線で移動しました。これもまた楽しいひととき〜

(AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G、ほか)


カテゴリー:

b アンサンブルe キッズプログラムf レクチャー・構成ブログ充実の弦カル・ワークショップ、続行中! はコメントを受け付けていません

Buzz Five-結成15周年記念定期-アフリカ音楽で大盛況♪

2012.04.13

4月12日(木)、上野にある東京文化会館 小ホールで、金管5重奏団Buzz Fiveの定期演奏会が開催されました。このグループは芸大の同級生どうしで結成され、今年で何と結成15周年・・・スゴイ!

その内容もサスガによく練られていて、今回のテーマは〝アフリカ〟。熱帯Jazz楽団などで活躍する パーカッション奏者・美座 良彦 さんをゲストに、金管5重奏+パーカッションの 楽しくてワクワクな音楽が展開されました。『ルネサンス舞曲集』など、この編成で聴くと、これが意外にも とっても面白い♪

♪ # ♭

拙作はヘンデル『シバの女王の到着』の編曲で、上田 仁 さんのピッコロ・トランペットと小川 聡 さんのE♭管トランペットをフィーチャー。ソリスティックなフレーズから緻密なアンサンブルまで、ブリリアントな響きで演奏していただきました。

ほかにも 福田 洋介 さんのポリリズムを生かした新作『オアシス』や、小川 さんがカッコ良く編曲した『アイーダの凱旋行進曲』など、アフリカンな音楽を堪能した一夜となりました。

空き時間にお隣の上野動物園へ。▲食いしん坊のリーリーくんと、おてんば娘のシンシンちゃん▲

これ、上野動物園でもらえます〜

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー:

b アンサンブルブログBuzz Five-結成15周年記念定期-アフリカ音楽で大盛況♪ はコメントを受け付けていません

『コンサート・フォー・キッズ』の素晴らしい出演者たち♪

2011.08.20

8月7日(日曜)の午前中、東京文化会館小ホールで『Concert for KIDS〜0才からのクラシック〜』が 開催されました。私が、構成台本・訳詞・編曲を担当したのですが、たいへん素晴らしい出演者に恵まれ、そのお陰で おもしろい公演になった模様です。

ということで、このブログでも簡単にご紹介!

♪ # ♭

このコンサートは〝森の音楽会〟というテーマで、「森に住むヘンゼルとグレーテルの兄妹が、動物たちと一緒になって、楽しい音楽会を開く」といった構成。プログラムは ・・・・ヴィヴァルディの「四季」もあれば、「山の音楽家」や「子犬のワルツ」、組曲『動物の謝肉祭』やオペラ『ヘンゼルとグレーテル』のセレクションもある・・・・といった中身で、20曲ほど。

ということで、主役となるのはこのお二人! ソプラノ と バリトンの・・・、

とってもカワイらしいグレーテル(鷲尾 麻衣 さん)と、たいへん頼りになるヘンゼル(吉川 健一 さん)

お二人とも、子供の目線にたったお芝居が たいへん上手! しかも、お客さまの反応を感じながら、演技をふくらましてくれるので 本当の助かりました。

鷲尾さんのオペラ『キャンディード』のアリアは、たいへん表情豊かで (大人も子供も!)堪能できました。

吉川さんは、このところコンヴィチュニー演出『サロメ』や新国立劇場『コジ・ファン・トゥッテ』等で評判が高いだけあって、オペラ的な表現から コミカルなお芝居まで、しっかりとお客さまの心をつかんでいました。

♪ # ♭

さてさて、器楽の音楽家で忘れてはイケナイのがこの人。 すばらしいピアニストの・・・、

自分のパート譜を見れば(他のパートも含めた)音楽の全体構造が理解できる、音楽の達人(白石 光隆 さん)

白石さんは、音楽性の幅広さ、音楽作りの的確さ、リハーサル中の雰囲気の作り方、と全てにおいて素晴らしかったです。ご一緒させていただき、たいへん助けられましたし、すごく勉強になりました。

♪ # ♭

そしてそして、熱演でコンサートをすごく盛り立ててくれたのが この人達・・・、

若いエネルギーにあふれ、アンサンブルもソロもバッチリ♪ アミティエ弦楽四重奏団

彼らは、リハーサルのたびに どんどん上手くなってゆくのです! 音楽的なリクエストを一つ言うと、五つくらいふくらませてくれるのです!! そして本番、とっても生き生きとした演奏で、子どもたちを引きつけてくれたのです!!!

まだ桐朋学園に在学中と言うから、すえ恐ろしい(?!)逸材たちです。

この公演は東京文化会館の主催、ソニー音楽芸術振興財団の制作協力で開催されました。素晴らしい機会を与えて頂き、深謝!

(AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II)

カテゴリー:

b アンサンブルc 歌・合唱・タレントe キッズプログラムブログ『コンサート・フォー・キッズ』の素晴らしい出演者たち♪ はコメントを受け付けていません

なかなかの充実度!弦カル・ワークショップ♪

2011.07.09

7月4日(月曜)から8日(金曜)の5日間、埼玉県・福島県の小学校8校で、弦楽四重奏(=通称〝弦カル〟)と共に、 ワークショップの司会をやって来ました。なかなか充実していた内容でしたので、ブログにてご報告!

♪ # ♭

ココが充実してた(その1)・・・・・・息ぴったりの素晴らしい弦カル♪

メンバーは仙台フィルハーモニー管弦楽団の方たち。『アイネクライネ・ナハトムジーク』などの名曲から、オペラアリアや日本民謡、映画音楽まで、息ぴったりで絶妙なアンサンブルでした!

圧巻はドヴォルザークの『アメリカ・ 第4楽章』で、毎日、情熱あふれる音楽を届けていました。・・・・・・面白かったのが、様々なフレーズの存在感が、毎回変化する点・・・・・・〝やっぱり弦楽四重奏には、オーケストラの面白さが凝縮されている〟と再認識!

さまざまな音色で積極的に音楽をリードするRさん▲  ▼あらゆるフレーズを効果的に描きわけるYさん

♪ # ♭

ココが充実してた(その2)・・・・・・プログラムの最終曲『アメリカ』まで、集中して聴いていた子供たち♪

プログラムは45分間で、いろいろな内容が盛り込まれています。タイプの違う曲をならべるだけでなく、楽器の説明や質問コーナー等、構成も工夫しているのですが、、、、そうは言っても「45分間、1年生まで我慢できるのか?」と実は心配でした。

、、、、ですがどの学校も、最後の曲『アメリカ』でも 子供たちは騒ぎもせず、それどころか身を乗り出して聴いてくれました。自然に手拍子が起こった学校もあったりと、とても反応がよかったです。

『セギディーリャ』をまるでオペラ歌手の様に奏でるHさん▲ ▼〝黒田節〟〝テキーラのラテンad lib.〟も最高!重鎮Iさん

♪ # ♭

ココが充実してた(その3)・・・・・・毎回プログラムを微調整する程のチームワーク♪

〝小学校〟とひとことで言っても、全校生徒の人数や演奏会場(=体育館)の状況はそれぞれ違います。

そこで今回は そういった諸条件にあわせて、毎回プログラム等を微調整して対応。時間配分や曲順の変更、子供たちが座る場所の工夫、7月7日には急遽『七夕さま』を編曲し 楽器紹介で使ったり。こういうアイデアがメンバーから積極的に出てきて、とても充実したワークショップとなりました!

▲小道具(?)を持ち込んで、福嶋も 木管楽器と金管楽器の仕組みを説明したりしました

▼忘れてはいけません、いつもきめ細やかな気配りの事務局Sさん

カテゴリー:

b アンサンブルe キッズプログラムブログなかなかの充実度!弦カル・ワークショップ♪ はコメントを受け付けていません

格好イイです♪大野雄二さんwithルパンティックファイブ

2011.06.18

6月18日(土曜)の夜、芸術アドバイザーをやらせていただいている、船橋市民文化ホールに行きました。主催公演「大野 雄二 &ルパンティック ファイブ」というフュージョン・グループのコンサートを聴くためです♪

いやーっ、格好良くて! そして 老若男女のお客さまが、それぞれ楽しんでいて!・・・なかなかスゴかったので、簡単にご報告。

♪ # ♭

スゴイ(その1)・・・大野さんがスゴイ♪

大野 雄二 さんというジャズ・ピアニストは、アニメ『ルパン三世』の音楽の作曲家としても有名。で、御年なんと70歳(・・・古稀ですよ、コキ・・・)だというのに、バリバリの現役です!!!それだけでもスゴイのですが、大野さんの弾くフェンダー・ローズ(=エレキ・ピアノの名前)でのバッキングがとにかく格好イイ!

スゴイ(その2)・・・グループがスゴイ♪

ルパンティック ファイブなる5重奏は、Bass 井上 陽介、Drums 江藤 良人、Trumpet 松島 啓之、Saxophone 鈴木 央紹、それにGuitar 和泉 聡志 の各氏という凄腕メンバー。みなさんアドリブも もちろーん上手いのですが、何よりグルーブ(≒ノリ)が生き生きしてます! また構成感もしっかりしているので・・・・・・ひょっとすると、分析好きのクラシック音楽ファンでも楽しめる?!

スゴイ(その3)・・・プログラミングとトークがスゴイ♪

耳馴染みのある『ルパン3世』の楽曲を織り交ぜながら、メンバーをフューチャーしたスタンダード・ナンバーや、オリジナル曲なども披露。またGuitar和泉さんを中心としたトークやステージングも とても練れている、なので・・・・・・(フュージョンのライブは〝通好み〟の内容の事が多い気がしますが、この日はそうでなく)老若男女がそれぞれ楽しんでいて、ビックリ!

ベテランの大野さんを核に、音楽的にも構成的にも素敵な内容で、フュージョン・ライブを堪能しました♪

▼ルパン〜!『メイン・テーマ』だけでなく『銭形ロック』や『斬鉄剣(=石川五ェ門のテーマ)』といった曲も・・・

▼『ハーレム・ノクターン』『恋はサンパウロ』など、まるでスイーツの様に甘いナンバーも・・・

カテゴリー:

b アンサンブルブログ格好イイです♪大野雄二さんwithルパンティックファイブ はコメントを受け付けていません

素敵なアリス・ワールド出現!鵜木絵里さん&仙台フィル

2011.06.14

梅雨入りのニュースを耳にするようになり、ちょっとジメジメした毎日が続きますね。そんな中、私は6月10日(金曜)に気仙沼市の面瀬小学校で、とっても楽しいステージ『アリスのコンサート』を観てきました。

♪ # ♭

この公演はルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』をモチーフにしていて、ソプラノの 鵜木 絵里 さん扮するアリスが、仙台フィルハーモニー管弦楽団の奏者9人による 森の動物たちと一緒に、森を探険したり 音楽会を開いたりする、という内容。

なんと言っても素晴らしかったのは 鵜木さん。歌はもちろんなのですが、お芝居もサスガです。この日はアニメのキャラクターのような声と演技で、子供達を引きつけていました。

私はこの公演のために2曲 編曲したのですが、鵜木さん はコロラトゥーラの魅力満載に『キラキラ星 変奏曲』を歌ったかと思うと、『翼をください』では豊かな感情表現を披露。歌の表現力の幅広さに 驚いていた子供たちも多かったようです。

9重奏も『舞踏会の美女』や『花のワルツ』、『動物の謝肉祭』等々たくさんのオーケストラ曲を奏で、演奏が終わる度に大きな拍手が巻き起こっていました。メンバーは時に演技にも加わり、意外なエンターテイナー振りも発揮?!

リハーサルでは、音楽とお芝居のタイミングも念入りにチェック!

♪ # ♭

この公演は日生劇場が企画・制作し、被災地の大船渡・気仙沼・七ヶ浜の3箇所で開催されました。演出・音響・照明のスタッフも多数現地入りし、質の高いステージとなっていましたが、この分野で多数の実績を誇る 日生劇場さんならではの内容でした!

前日の夜、池袋を高速バスで出発し、早朝 一ノ関駅に到着。そこで出演者と合流し、貸切バスで気仙沼へ。帰りは仙台までバスで出て、新幹線でその日のうちに戻る・・・という強行日程でした。

カテゴリー:

b アンサンブルc 歌・合唱・タレントe キッズプログラムブログ素敵なアリス・ワールド出現!鵜木絵里さん&仙台フィル はコメントを受け付けていません

〝東京シティ・フィルのアウトリーチ公演〟にご注目♪

2011.05.31

5月30日(月) 江東区豊洲小学校にて、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団によるアウトリーチ(=プロの演奏家が少人数で行う、学校などでの出前公演)が行われました。福嶋も編曲を担当し、会場で公演を楽しみました。

私は 幾つものオーケストラのアウトリーチを、編曲・構成・司会などでお手伝いしましたが、今回の公演も工夫されていました。そこで今日のブログでは、その注目点をご紹介します!

♪ # ♭

ここに注目♪その1・・・奏者の素敵なパフォーマンス

なんといってもまずは音楽の魅力。みなさん、とても積極的にアンサンブルを作っていました!

また、演奏だけでなくトークも絶妙で、楽器の特徴やオーケストラ音楽の面白さを、笑いも交えて伝えていました。

▼「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」などを熱演した弦楽4重奏

▼「動物の謝肉祭」や「展覧会の絵」などを弾き分け、子供たちとやり取りしながら、音楽の魅力を伝えたピアノの志田さん

ブリリアントな響きの金管5重奏、リーダー的存在・上田さんの楽しいトーク!(トランペットも超絶品デス♪)▲

♪ # ♭

ここに注目♪その2・・・いろいろな音楽を楽しめる、楽器編成の妙

この日の編成は「金管5重奏+弦楽合奏+ピアノ」。この編成なら 金管5重奏や弦楽4重奏から、ピアノや各楽器のソロ曲まで、さまざまな編成の曲を演奏できますよねー♪ もちろんプログラムのメインはフル編成となり、福嶋が『くるみ割り人形』を編曲。バレエ音楽を知り尽くしているオケだけあって、アンサンブル版での演奏も、色彩豊かで華やかな演奏でした!

面白いのが、翌日は「木管5重奏+弦楽合奏+ピアノ」で同様のプログラムを実施している点。これは「さまざまなアンサンブルを子供たちに楽しんでほしい」という理由で企画された、楽器編成のアイデアだそうです。(今回の編曲はどちらの編成でも演奏できる様、工夫を凝らしました♪)

▲オーケストラの様な色彩と迫力♪ この編成、なかなか効果的かもしれないです!

♪ # ♭

ここに注目♪その3・・・ホールとの連携、地元企業の協賛

この公演の主催は、ティアラこうとう。「区民のみなさんに、身近で芸術を楽しんでもらいたい」という環境づくりをめざす公共ホールと、オーケストラがタッグを組んでの活動は、まさに地に足が付いている活動といった感アリ。

協賛の日立公共システムエンジニアリング株式会社は、地元企業として日頃から積極的に活動を支援。プログラム作成、プロジェクター使用、会場設営、等々を多くの社員の方が応援しているそうです、スバラシイ!

区民・ホール・オケの関係をわかりやすく、さわやかに紹介したオーケストラ事務局Sさん▲

カテゴリー:

b アンサンブルe キッズプログラムブログ〝東京シティ・フィルのアウトリーチ公演〟にご注目♪ はコメントを受け付けていません
1 6 7 8 9 10 11