作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

3組の三曲合奏による〝ゆき〟

2016.12.11

12月10日(土)、徳島で『古様・今様・未来様』が初演となりました。

「三味線+琴+尺八」の合奏を「三曲」と呼ぶのですが・・・この曲の編成は「三曲」×3組=9人。
地歌『ゆき』をそのまま演奏する組/華やかな節を奏でる組/全体の響きを支える組、が呼応しながら新たな『ゆき』の世界を築く・・・そんな作品です。

藤本 昭子 先生・米川 敏子 先生・酒井 松道 先生による地歌は本当に魅力的!!
そして、若手・中堅奏者が各自のカラーを出しつつも、一つの響きになってゆく・・・そんなとても貴重な時空間となりました!

地歌屈指の名曲『ゆき』は、実は徳島にゆかりのある曲。お客さま/出演者/企画制作者、との全ての一期一会に深謝するばかりです。

往路の飛行機から見た富士山・懇親会の阿波踊り・楽しく美味しい食事と、行程もとても充実していました。

(AF-S NIKKOR 85mm F1.8G)

カテゴリー:

d 和楽器j 旅・メッセージ等ブログ3組の三曲合奏による〝ゆき〟 はコメントを受け付けていません。