作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

上毛新聞の記事『まわり道も悪くない』を執筆♪

2012.10.19

このところ 寒暖の差がはげしく、体調をくずしていらっしゃる方も多い様ですが、みなさまは いかがですか?

私はこの10月も、相変わらず 作曲・編曲に 原稿書きと、忙しく過ごしております。先月中盤まで風邪気味でしたが、その後はとても元気になりました。ですが油断せず、体調管理を万全にして、今後も過ごそうと思っています。

♪ # ♭

さて 先日(10月16日)、群馬県の上毛新聞の朝刊に、福嶋が執筆した記事が 掲載されました。「視点、オピニオン21」というコーナーで、『まわり道も悪くない 〜さまざまな経験が糧に〜』というタイトルです。

内容は私自身のキャリア・デザインについてお話・・・というとカッコイイのですが、平たく言いますと、〝私がどのように作曲・編曲家になったか〟といった内容です。

音楽大学を出ずに作曲・編曲の仕事をしている 私のキャリアについて、「どういう経緯でなったの?」と質問を受けることが時々あります。そんな疑問をお持ちになった方は、どうぞご笑読くださいませ。

記事はこちらデス → 上毛新聞のホームページへ。

♪ # ♭

この1年間にわたり、上毛新聞の「視点、オピニオン21」のコーナーに、7回記事を書かせていただきました。

私自身 楽しんで執筆し、地元・群馬県のみなさんに、さまざまな音楽家の活動・メッセージをお伝えすることができ、大変嬉しく思っております。

すばらしい機会を与えてくださった 上毛新聞社の編集関係のみなさま、取材などで多大なご協力をいただいたみなさま、つたない文章を 読んでくださった多くのみなさまに、この場を借りて 心からお礼を申し上げます。

またこのような機会がありましたら、張り切って取り組みたいと思っています。 ご愛顧に、重ねて 深謝いたします!

記事は次のページでご覧になれます。

【第1回、2011年 11/30】オーケストラと指揮者 〜群響で経験積み全国へ〜 ・・・・・・こちら

【第2回、2012年  1/26】ネット時代の伝統音楽 〜動画で若い世代へ発信〜 ・・・・・・こちら

【第3回、2012年  3/20】震災と音楽家 〜できることで共に歩む〜 ・・・・・・こちら

【第4回、2012年  5/ 8】子どもに多様な音楽を 〜感性育む工夫盛り込む〜 ・・・・・・こちら

【第5回、2012年  7/ 3】詩人のメッセージ 〜生きる姿勢を映し出す〜 ・・・・・・こちら

【第6回、2012年  8/25】音楽を磨き上げるプロ 〜優れた技術と信頼関係〜 ・・・・・・こちら

【第7回、2012年 10/16】まわり道も悪くない 〜さまざまな経験が糧に〜 ・・・・・・こちら

カテゴリー:

i TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞の記事『まわり道も悪くない』を執筆♪ はコメントを受け付けていません

上毛新聞の記事『音楽を磨き上げるプロ』を執筆♪

2012.08.29

まだまだ残暑が厳しいですが、みなさん お元気ですか? 私は8月後半に 夏風邪をひいてしまい、体調が戻るまで 時間がかかってしまいました〜。

この夏は NHK交響楽団、庄野真代 さんと児童合唱とオーケストラの公演、つのだりょうこ さんと 杉田あきひろ さんと東京シティフィルの公演、オーケストラアンサンブル金沢、京都フィル、などでたくさんの編曲作品を演奏してていただきました。 詳細は、後日あらためて ご報告できる・・・と思います。

♪ # ♭

さて先日(8月25日)、群馬県の上毛新聞の朝刊に、福嶋が執筆した記事が 掲載されました。「視点、オピニオン21」というコーナーで、『音楽を磨き上げるプロ 〜優れた技術と信頼関係〜』というタイトルです。

内容は、7月下旬に行われた東京トランペットカルテット(=TTQ)のレコーディングの模様をまとめたもの。

TTQは、群馬交響楽団の森重さん、東京フィルの杉山さんと辻本さん、東京シティフィルの上田さんという、日本のオーケストラで活躍するトランペット奏者4人で構成されるグループです。

今回のレコーディングは、バロック音楽 に 現代音楽、アンダーソン に ビートルズ、それから『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』まで、とっても濃い内容・・・・・・で、詳細はぜひ記事をご覧ください!

記事はこちらデス → 上毛新聞のホームページ

カテゴリー:

b アンサンブルi TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞の記事『音楽を磨き上げるプロ』を執筆♪ はコメントを受け付けていません

上毛新聞の記事『詩人のメッセージ』を執筆♪

2012.07.07

梅雨のジメジメした時期ですが、みなさんは いかがお過ごしですか?

さて先日(7月3日)、群馬県の上毛新聞の朝刊に、福嶋が執筆した記事が 掲載されました。「視点、オピニオン21」という欄で、『詩人のメッセージ 〜生きる姿勢を映し出す〜』というタイトルです。

♪ # ♭

みなさんは、NHKの全国学校音楽コンクール というのをご存じですか?

この記事は、そのコンクールの今年の課題曲を作詞された、二人の方の話題を取り上げてます。一人は群馬の誇るべき 星野 富弘さん(詩や絵をかかれます)で、もう一人は仙台出身の 遊佐 未森 さん(ゆさ みもり さん、いつも温かいメッセージを発信する シンガーソング ライター)。

彼らの話を通して、「詩作とは、書き手の生きる姿勢そのもの」といった内容の文章を 書いています。

上毛新聞のホームページにも記事がアップされていますので、どうぞご覧くださいませ。

カテゴリー:

i TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞の記事『詩人のメッセージ』を執筆♪ はコメントを受け付けていません

上毛新聞の記事『子どもに多様な音楽を』を執筆♪

2012.05.10

だんだん新緑の色が鮮やかになりましたね。みなさん、ゴールデンウイークの疲れはとれましたか?

さて先日(5月8日)、私の地元・群馬の上毛新聞の朝刊に、福嶋が執筆した記事が 掲載されました。「視点、オピニオン21」という欄で、『子どもに多様な音楽を〜感性育む工夫盛り込む〜』というタイトルです。

♪ # ♭

私は、子供向けのコンサートや教育プログラムの構成・作編曲・司会などを時々やらせて頂くのですが、そういう時に感じている事をまとめてみました。NHK『おかあさんといっしょ』の歌のおねえさん などを務め、たくさんのコンサートに出演して活躍中の、つのだりょうこ さんのお話なども盛り込んでいます。

上毛新聞のホームページにも記事がアップされていますので、どうぞご笑覧くださいませ!

カテゴリー:

e キッズプログラムi TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞の記事『子どもに多様な音楽を』を執筆♪ はコメントを受け付けていません

上毛新聞の記事『震災と音楽家』を執筆♪

2012.03.22

みなさん、こんにちは! もうすぐ 4月だというのに、風が吹いたり、雨が降ったりで、まだ寒い日が時々ありますよね。体調を崩しやすい時期ですので、くれぐれもご自愛の程 よろしくお願い致します。

さて先日(3月20日)、私の地元・群馬の上毛新聞の朝刊に、福嶋が執筆した記事が 掲載されました。「視点・オピニオン21」という欄で、『震災と音楽家〜できることで共に歩む〜』というタイトルです。

♪ # ♭

震災に関係した 真面目な内容ですので、安易には書けませんし、かといって 一般の方にわかりやすくお伝えしたいので、親しみやすい内容にもしたい・・・と、いろいろと考えて書きました。

テノールの秋川雅史さんのお話、群馬交響楽団と阿形深雪さんの活動、私の作曲作品『かなえ』の話、を取り上げています。

上毛新聞のホームページに記事が掲載されています、どうぞご覧くださいませ。

カテゴリー:

i TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞の記事『震災と音楽家』を執筆♪ はコメントを受け付けていません

上毛新聞の記事『ネット時代の伝統音楽』を執筆♪

2012.01.27

みなさん、こんにちは! インフルエンザが流行っているようですが、元気に過ごしていますか?

さて昨日(1月26日)、『上毛新聞』の朝刊に 福嶋 が執筆した記事が 掲載されました。「視点・オピニオン21」という欄で、『ネット時代の伝統音楽〜動画で若い世代へ発信〜 』というタイトルです。

昨年 ニコニコ動画で発表され、80万回も再生されている『傷林果』という動画の話題に触れながら、伝統音楽を普及させるための新しい試みを紹介しています。

長唄三味線奏者で、インターネットを活用した音楽発信にも積極的な 杵家 七三(きねいえ なみ)さんのインタビューも取り上げています。

上毛新聞のホームページに記事が掲載されています、どうぞご覧下さい。

カテゴリー:

i TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞の記事『ネット時代の伝統音楽』を執筆♪ はコメントを受け付けていません

上毛新聞の記事『オーケストラと指揮者』を執筆♪

2011.11.30

みなさんご無沙汰しております、作曲・編曲の福嶋です。

この夏からいろいろと締切に追われていまして、ブログを書くのをすっかりサボってしまいました・・・・・・気がつけば、3ヶ月間も更新してません・・・・・・すみませんm(_ _)m

この間、東京シティフィル さん、東京ニューシティ(with 川井 郁子 さん)さん、広島交響楽団 さん、仙台フィル さん、などでたくさんの編曲作品を 書かせて頂きました。東京都響さんの関連では、JR東日本「大人の休日倶楽部」でのレクチャーも 継続中です!

並行して、和楽器の分野での作曲も 幾つか進めています。また『三味線・杵家 七三 さん & 手妻師・藤山 晃太郎 さん』の二人会(ニコ動で生中継!)の音楽を編曲したり、『狛江・夢コンサート』では 和楽器・洋楽器の混合編成向けに〝東北音楽メドレー〟を書いたり・・・・・・と、いろいろと面白い事をやっています。

この冬はスケジュールに余裕がありそうなので、あらためてブログで紹介しますので、気長にお待ち下さい。(Twitterにも時々 つぶやいています→こちら

♪ ♪ # # ♭ ♭

ところで、本日(11月30日)の『上毛新聞』の朝刊に、福嶋 が執筆した記事が 掲載されています。「視点・オピニオン21」という欄で、『オーケストラと指揮者 〜群響で経験を積み全国へ〜 』というタイトルです。

オーケストラと指揮者の関係について、日頃より大変お世話になっている群馬交響楽団さんでの実例をまじえながら、記事を書きました。いつも私の作品を指揮して頂き、素晴らしい音を出してくださる 指揮者・鈴木 織衛 さんの、わかりやすい例え話も 取り上げています。

上毛新聞のホームページに記事が掲載されています、どうぞご覧下さい。

もうクリスマスの季節ですね!

(NOKTON 58mm F1.4 SLII)

カテゴリー:

a オーケストラi TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞の記事『オーケストラと指揮者』を執筆♪ はコメントを受け付けていません

上毛新聞に記事が掲載されました!

2011.02.16

みなさん、昨日の雪は大丈夫でしたか? 私は 朝のうちは足下を気にしながら ヨタヨタと歩きましたが、昼からは お日さまの下、気持ちよく過ごすことができました。

♪ # ♭

さて、本日(2月16日、水曜)付けの上毛新聞に、福嶋についての記事が掲載されています。 16面の「首都圏ネット・がんばってます」というコーナーです。

先日、自宅の仕事場で取材をしていただいたのですが、福嶋の複雑な経歴(普通の大学 → サラリーマン → フリーの作曲・編曲家)と、仕事との関連を うまく説明していただいています。また、地元・群馬県との仕事上のつながりも紹介してあります。

群馬県にお住まいの方は、ぜひご覧になってくださいませ♪

カテゴリー:

i TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞に記事が掲載されました! はコメントを受け付けていません

三十絃箏と笙の新作初演、上毛新聞にも記事が!

2010.11.16

11月3日に 宮下 秀冽 先生のリサイタルが開催され、その中で、福嶋が作曲した「十絃箏と笙のための〝朔太郎の詩に寄せる4章〟」という作品が初演されました。

♪ # ♭

三十絃箏とは、文字通り30本の弦が張ってある大型の琴で、音域が広く音も豊かで大変表現力のある楽器です。

この作品は三十絃箏の普及に熱心な 宮下 先生の委嘱作曲。萩原 朔太郎 の4編の詩(=「竹」「帰郷」「女よ」「榛名富士」)のイメージを、三十絃箏と笙の組み合わせを生かしつつ表現しました。

当日は、宮下 先生の作り出す大きな音楽と、気鋭の笙奏者 豊 明日美 氏のセンスあふれる音楽が一つになり、素晴らしい演奏をしていただきました。

♪ # ♭

演奏会の様子は翌日の上毛新聞でも紹介されました。丁寧に記事にして頂いていますので、こちらもご覧下さい。(上毛新聞 2010年11月4日 の記事。リンクの許可を得ています)

なお偶然ですが、萩原朔太郎、この記事を書いた記者、福嶋の3者は同じ高校の卒業生です!


「帰郷」のシチュエーション・・・車窓から望む赤城山


カテゴリー:

d 和楽器i TV・雑誌・新聞記事ブログ三十絃箏と笙の新作初演、上毛新聞にも記事が! はコメントを受け付けていません
1 2 3 4 5