作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

群馬交響楽団はいい音がするなぁ!(松元宏康さん指揮)

2011.03.10

今週の月曜日(7日)、群馬交響楽団の学校公演(文化庁主催)のリハーサルがありました。福嶋は小学校の校歌を2曲編曲し、この日は録音も行われました。

♪ # ♭

実は僕は群馬県出身で、中学生・高校生の頃、群馬交響楽団の定期演奏会の学生会員でした。 毎月の公演がとても待ち遠しく、熱い演奏に何度も感動し、オーケストラが大好きになりました・・・・・・そう、僕にとって「オーケストラの音と言えば、群馬交響楽団のサウンド」なのです!

小さい頃から聴いているメンバーのみなさんに、自分のスコアを音にしてもらえる事は 本当に幸せです。リハーサルで様々な曲を聴きながら、〝群馬交響楽団はいい音がするなぁ!〟とあらためて感じました。

♪ # ♭

指揮者は 松元 宏康 さん・・・30代で、最近は各地のプロ・オケや吹奏楽を指揮し、ずいぶんと活躍されているようです。

このさわやかな笑顔は、指揮者の 松元 宏康 さん

僕も昨年、洗足学園大学のファンファーレ・バンドの定期演奏会で、『パシフィック・ページェント』という大編成の作品を振ってもらい、若いメンバーから とても生き生きとした音楽を 引き出してもらいました♪

ところで僕は校歌を編曲する時、曲ごとに(凝りすぎない程度に)ひと工夫するようにしています。例えば、〝風景を織り込んだ歌詞にあわせて、描写的に〟〝アップ・テンポな曲調なので、ドラム・マーチを目立たせて〟と言った具合。・・・で、松元 さんは そういう意図をスコアから的確に読み取り、アッという間にねらい通りの音に仕上げてくれました。 今後も頼りにしてマスよ〜!

すっかり春らしく・・・、群馬に向かう途中で

カテゴリー:

a オーケストラブログ群馬交響楽団はいい音がするなぁ!(松元宏康さん指揮) はコメントを受け付けていません。

三味線奏者・杵家七三さんの演奏に保育園児もノリノリ!

2011.03.05

三寒四温の日々ですが、東京では梅の花だけでなく 桜のつぼみも見つけたり・・・と、 春の気配を感じる事が多くなりましたね。

そんな中 3月3日の桃の節句に、保育園児が 本物の和楽器演奏を楽しむ機会 がありました。

私も係わりのある 東京家政大学 付属の保育園に、長唄三味線奏者の 杵家 七三 さんが来園してくださったのです!

♪ # ♭

七三さん と言えば、長唄の古典はもちろん、現代曲から編曲ものまで、非常に幅広い音楽性を持つ 素晴らしい演奏家。私も さまざまなお仕事を ご一緒しています。

最近では 七三さん の演奏がニコニコ動画にアップされ 再生件数が20万件以上にもなったり、と常に新しい事にもアンテナを張っている方です。

♪ # ♭

今回は保育ルームでのミニ・コンサート。園児や先生、保護者のみなさんが、間近でさまざまなレパートリーを楽しみました。

『元禄花見踊り』『幕間三重』といった古典、民謡やじょんがら、それに『うれしいひな祭り』『さんぽ』まで・・・・・・「うーむ、三味線って、いろんな音楽ができるのだなぁ!」とみなさん、感心、かんしん!

そして、園児たちの反応はとってもストレート。真剣に聴き入る子もいれば、リズミックな曲にノリノリになって踊り出す子も!それぞれの子どもなり感性で、和の音楽を楽しんでいるのですね。

それにしてもまぁ〜、七三さん はさすが百戦錬磨。 演奏はもちろん、選曲、トークのつなげ方、等々、私もとても参考になりました。子供たちにも、大人たちにも(私にも)贅沢な時間となったようです。

三味線協奏曲を弾く 長唄三味線奏者・杵家七三さん

カテゴリー:

d 和楽器e キッズプログラムブログ三味線奏者・杵家七三さんの演奏に保育園児もノリノリ! はコメントを受け付けていません。

ちょっとよりみちライブ、谷中琵琶Styleが登場♪

2011.02.19

JR船橋駅南口、京成船橋駅から各徒歩2分の フェイスビル6階に きららホール(=船橋市民文化創造館)があります。実は私、こちらのホールの 芸術アドバイザーなるお仕事を おおせつかっておりまして。。。。

ということで 今日は、この きららホールの大人気企画〝ちょっとよりみちライブ〟のご紹介です!

♪ # ♭

ちょっとよりみちライブ〟は 毎月第3木曜日に、入場無料で 継続的に開催されています。

開演時間は18:30と19:30の2回公演で、それぞれ30分ほどのステージ・・・・・・まさに、買い物帰り・会社帰りにホールに寄り道して、気軽に楽しむ・・・・・・そんなコンセプトの公演で、満席になる事もしばしばあります。

このシリーズのおすすめポイントは、何と言っても出演者が多彩な事。直近3回を例にあげると。。。

★12月)ミュージックベルのグループ「山田俊幸とM.アラモード」・・・船橋出身で、地元ファンが多数入場♭

★1月)アコースティック・ユニット「イーラ」・・・ヴァイオリンのメロディーのみならず、鬼怒無月さんのギターも超絶品#

★2月)薩摩琵琶奏者2人による「谷中琵琶Style」・・・琵琶二人組での演奏、語り、唄い、はこのユニットならでは♪

。。。ちょっと面白そうでしょ? そう、注目の・お薦めのアーティストの音楽を、ライブ感覚で身近に楽しめるのです。

♪ # ♭

では では、2月17日の公演の模様をご報告。「谷中琵琶Style」、、、とても面白かったデス!!

器楽のみの2重奏、枕草子による新作、歌謡曲のアレンジ、そして 平家物語の弾き語り、と意外にも(?!)バラエティに富んだプログラミング。 役者の経験もある川嶋信子さん豊かな表現力と、日本音楽集団の団員でもある久保田晶子さんの抜群の技術とが一つになり、聴き応え十分のステージでした。

お二人のおだやかなキャラクターもあって、会場は終始あたたかい雰囲気でした!

次回は3月17日で、「あえか」というギターと尺八のユニット。お近くの方はぜひ 寄り道してみてください♪

カテゴリー:

d 和楽器ブログちょっとよりみちライブ、谷中琵琶Styleが登場♪ はコメントを受け付けていません。

渡辺満里奈さんの3才からのクラシック♪

2011.02.16

2月13日(日曜)に 横浜 みなとみらいホールにて、『Concert for KIDS 〜渡辺満里奈の3才からのクラシック〜』という公演が 開催されました。福嶋がアレンジャーとして参加している公演で、今回もとても楽しいコンサートとなりました。

今回は、前半が 絵本『ありがとうターブゥ』の生演奏付き 読み聞かせ、後半が クラシックの生演奏の鑑賞や手遊びコーナー、という構成。 会場は3才以上のお子様とパパやママ、おじいちゃん、おばあちゃんの笑顔であふれていました♪

♪ # ♭

絵本の作者であり、2児のママでもある 渡辺 満里奈 さんの読み聞かせは、とても心地よかったです。 満里奈さんは他にも、タンバリンを叩いて 演奏家と共演したり、と会場を大いに盛り上げていました。

私は 読み聞かせのBGM、『威風堂々』『シンコペーティド・クロック』といった名曲を、「ピアノ、ヴァイオリン、金管5重奏、マリンバなどの打楽器」のために編曲しました。

演奏者は今回も 腕達者な方ばかりで、中でも 中川 賢一 さんのピアノと 浜 まゆみ さんのマリンバによる『剣の舞』は、〝見事〟としか言いようのない素晴らしいアンサンブルでした!

♪ # ♭

この公演は プログラムはもちろん、音響や映像・照明などもふくめて〝クラシックははじめて〟というお子様にも 楽しんでいただける内容になっています。 次回の『ありがとうターブゥ』の公演は、4月9日(土曜)に所沢市民文化センターにて。(←中止になりました)

お近くの方は お出かけになってみてはいかがでしょうか♪

前日のリハーサルが終わる頃。ホール近くのライトアップされた観覧車がきれいです

カテゴリー:

b アンサンブルc 歌・合唱・タレントe キッズプログラムブログ渡辺満里奈さんの3才からのクラシック♪ はコメントを受け付けていません。

上毛新聞に記事が掲載されました!

2011.02.16

みなさん、昨日の雪は大丈夫でしたか? 私は 朝のうちは足下を気にしながら ヨタヨタと歩きましたが、昼からは お日さまの下、気持ちよく過ごすことができました。

♪ # ♭

さて、本日(2月16日、水曜)付けの上毛新聞に、福嶋についての記事が掲載されています。 16面の「首都圏ネット・がんばってます」というコーナーです。

先日、自宅の仕事場で取材をしていただいたのですが、福嶋の複雑な経歴(普通の大学 → サラリーマン → フリーの作曲・編曲家)と、仕事との関連を うまく説明していただいています。また、地元・群馬県との仕事上のつながりも紹介してあります。

群馬県にお住まいの方は、ぜひご覧になってくださいませ♪

カテゴリー:

i TV・雑誌・新聞記事ブログ上毛新聞に記事が掲載されました! はコメントを受け付けていません。
1 59 60 61 62 63 64 65 66 67